兵庫県立大学 >工学研究科>ナノ・マイクロ構造科学研究センター>ご挨拶

ごあいさつ

兵庫県立大学 工学研究科 分子ナノテクノロジー研究センター
センター長 山名一成

分子ナノテクノロジー研究センターは、ナノサイエンスとナノテクノロ ジーに関わる基礎研究と工学応用を視野に入れた研究を推進します。研究対象は、有機・高分子化合物、DNAやタンパク質などの生体分子、無機化合物や半導体、さらにはこれらのハイブリッドマテリアルまで多くのものを含んでいます。これらの合成法とプロセッシング手法の開拓および物性解析や制御法などを駆使して、新しい時代の要請に応じたナノ分子システムや分子デバイスの創出を目指します。

設置の目的

多機能性の分子材料、分子集積材料の化学、有機/無機/半導体ハイブリッド材料など、分子材料の構造と機能を総合的に把握するとともに、分子レベルからそれらの配向や電子状態等を光・熱・電場などの外力により集積構造を制御することのできる分子ナノテクノロジーの基礎学術と応用に関する研究センターを設立しました

センターでの研究内容

✓ 化学を基本とする分子材料・ナノ材料のデザインや合成および機能評価

✓ ボトムアップ型ナノテクノロジーの基礎学術と応用に関する研究

✓ 分子材料の構造と機能を利用した,ナノからマクロまでの機能制御