HOME > 蓄電デバイスグル−プ

蓄電デバイスグル−プ

サステイナブル社会構築のための分散型エネルギーシステムを確立するためには、高性能の蓄電池が不可欠である。蓄電デバイスグループでは、この蓄電池として、高エネルギー密度、高出力、高安全性、長寿命のリチウムイオン二次電池について研究しています。リチウムイオン電池劣化要因の一つである電極と電解液界面での副反応を抑制する手法(DLC薄膜被覆:岡)、広い電位窓を有し電池の安全性向上に寄与する電解質(イオン液体:柿部)、高エネルギー密度と高出力を可能とする電極活物質(高電圧正極:中村)の各自の研究のみならず、緊密な連携により革新的な電池を目指します。

氏名:中村龍哉(センター長)
役職:教授
キーワード:リチウムイオン電池正極材料、遷移金属イオン、磁性
ホームページ:http://www.eng.u-hyogo.ac.jp/outline/group/group01/index.html

氏名:岡 好浩
役職:准教授
キーワード:キャビテーションプラズマ, 液中プラズマ, PBIID, DLC, プラズマイオン注入, プラズマCVD,表面改質, リチウムイオン電池
ホームページ: http://www.eng.u-hyogo.ac.jp/outline/faculty/oka/index.html

氏名:柿部剛史
役職:助教
キーワード:イオン液体、イオン伝動、高分子固体電解質
ホームページ:http://www.eng.u-hyogo.ac.jp/group/group41/

▲ページトップに戻る