前へ
次へ

配属希望学生さんへ

電子材料・デバイス研究Grでは大学院生、卒研生随時募集中です。知ってますか?大学は教育と研究の場。成績だけじゃ決まらない!!それが研究です。         

詳しくはこちら

メンバー

研究室の構成メンバーを紹介しています。

詳しくはこちら

研究業績

本研究室メンバーの発表論文および学会発表のリストを掲載しています。

詳しくはこちら

研究設備

電子材料・デバイス研究Grが所有している実験装置を紹介しています。         

詳しくはこちら

イベント

イベントの写真を紹介しています。

詳しくはこちら

アクセス

本研究室の所在地および、交通手段を掲載しています。

詳しくはこちら

研究室の概要

 電子デバイスや電子材料の基礎から応用に至るまでの体系的教育を行うとともに,機能性薄膜電子材料(強誘電体及びマル チフェロイック材料)の開発や半導体との機能融合による新規電子デバイス(不揮発性メモリ,薄膜トランジスタ)の開発などに取り組んでいます。

INFORMATION

2015-07-17
研究業績を更新しました。
2015-04-24
研究室ホームページをリニューアルしました。
2015-04-24
研究室メンバーページを更新しました。
2015-03
藤沢 浩訓 准教授が2014年度(第13回)APEX/JJAP編集貢献賞を受賞しました.
2015-02-23
実験設備、研究テーマ紹介を更新しました。
2015-01-23
1/17~20のSPring-8 での実験風景を掲載しました。
2014-08-19
M2 内田 智久君がThe 10th Japan-Korea Conference on FerroerectricsにおいてExcellent presentation award for students を受賞しました。
2014-07-15
発表論文等一部更新しました.
2014-05-23
平成26年度競輪・オートレース補助事業「高絶縁性無鉛強誘電体薄膜の開発補助事業」を開始します.
2013-12-12
中嶋 誠二 助教がThe 2nd Internatioanl Conference on Advanced Electromaterials (ICAE2013)にてBest Poster Awardを受賞しました.
2012-08-09
M1 小林 千晃君がThe 9th Korea-Japan Conference on FerroerectricsにおいてExcellent presentation award for students を受賞しました。
2012-08-09
M1 井川 将志君がThe 9th Korea-Japan Conference on FerroerectricsにおいてExcellent presentation award for students を受賞しました。
2012-07-20
発表論文等一部更新しました.
2011-03-03
発表論文等一部更新しました.
2009-10-03
発表論文等一部更新しました.
2009-8-24
PbTiO3ナノチューブが日刊工業新聞に掲載されました.
2009-04-09
新しいメンバーが増えました.
2008-08
藤沢 浩訓 准教授がThe IUMRS International Conference in Asia 2008 にてAward for Encouragement of Research in Material Scienceを受賞しました.
ページのトップへ戻る