工学部

電気電子情報工学科の教育理念・目標

教育理念

 自然科学とそれに基づく電気電子情報工学の基礎知識・おもしろさを理解し、自主的に物事を考え解決する能力、自己の意見を的確に表現できる能力、実践的に使える能力、探求心、創造性、加えて教養と人間性をそなえ、各人の専門知識や研究能力を活かし国際社会に貢献できる人材を育成する。

教育目標

 エネルギー・エレクトロニクス・コンピュ-タ-等の革新目覚しい分野を支える幅広い電気、電子、情報分野の高度な専門知識・技術を、ハード/ソフトウエアの両面から学習する。自然科学にもとずく基礎知識を十分に習得した後、コースごとの先端専門知識を系統的に学習する。さらに、卒業研究を通じて実際の研究・開発を経験することにより、問題発見・解決能力、企画力、開発力、実践力の涵養を図る。これによって、社会的通念と専門知識からの倫理観を持った多方面で即戦力として活躍できる人材を育成する。

個別目標

  • 自然科学に基づいた専門分野の基礎力
    電気、電子、情報分野の基盤となる数学、物理等の自然科学に関する基礎力(力学、熱力学、振動波動論、量子力学)を養い、それに基づき電気、電子、情報分野の幅広くかつ特化した分野の専門知識習得に応用できる確実な専門基礎力(電気・電子回路、電磁気学、プログラミング論など)を身に付ける。
  • 電気、電子、情報分野の広い知識と特化した分野の知識
    専門基礎力を幅広く身に付けた上で、これらの基礎知識を集結して、特化した分野、具体的には、電力システム、電気電子物性、電子素子・回路、情報システムの専門的知識を習得する。また、常に高度化する技術について、自ら継続的に知識を得る能力を身に付ける。
  • 多種多様な分野に対応できる能力
    現代社会を構成するシステムは、電気、電子、情報の各分野の融合により成り立っており、これらを統合し、活用するために必要な専門的技術・知識を習得する。更に、より高度な専門分野の実験ならびに卒業研究を通じて、未経験の現象を理解し、問題発見・解決能力を養う。これらによりコミュニケーションやディスカッション、プレゼンテーション能力、企画力、開発力、実践力を身に付ける。
  • 社会的観点からの倫理観と専門知識からの倫理観
    社会的観点からの倫理観による善識に基づく倫理観を合わせ、科学技術や工学の諸問題に対処でき、将来的に指導者となる技術者としての国際的な素養を身に付ける。