工学部

機械・材料工学科の教育理念・目標

教育理念

 機械・材料工学科においては、機械工学と材料工学の専門分野を融合した教育体系により次世代のニーズに対応できる幅広い知識を修得するとともに、課題を発見し解決していく能力を備え、環境にも配慮したものづくりができる豊かな感性と柔軟な思考力を持った技術者・研究者を育成する。

教育目標

 本学科では、複雑化・多様化する社会環境や目まぐるしく進展する技術 革新に柔軟に対応して、社会の先導的な役割を担い得る有為な人材を育成することを目標としている。この目標を実現するために、学士課程修了時点において到達すべき個別の学習・教育目標を以下のように掲げている。

個別目標

  • 多面的視点および技術者倫理
    精神的価値を重視した社会、 持続可能な社会の構築、国際的観点からの思考など(多面的視点)の重要性を認識させるとともに、技術と自然や社会との係わりや技術者の社会的責任(技術者倫理) を把握させる。
  • 数学、自然科学および情報技術の知識と応用
    数学(線形代数学、微積分、微分方程式の応用、および確率・統計の基礎を含む)、自然科学(物理学の基礎を含む)、および情報技術に関する知識を修得するとともに、それらを機械・材料工学に応用できる能力を育成する。
  • 機械・材料工学の主要基礎分野の知識と応用
    機械・材料工学の主要基礎分野に関する知識を修得させ、 それらを問題解決に応用できる能力を育成する。
  • 実験の計画・実施および結果の解析・考察
    機械・材料工学の主要基礎分野に関する実験等を計画・実施し、結果 を解析しそれを工学的に考察できる能力を育成する。
  • デザイン能力
    必ずしも正解がない問題に対しても実現可能な解を見つけ出せるデザイン能力と仲間と話し合いながらチームワークで考えをまとめる能力を育成する。
  • 日本語によるコミュニケーション能力と国際的に通用するコミュニケーション基礎能力
    基本となる日本語による技術的コミュニケーション(記述、発表、討論等)の能力を育成するとともに、国際的に通用するコミュニケーションの基礎能力を育成する。
  • 計画的に仕事を進めまとめる能力
    全ての専門基礎科目および専門教育科目および卒業研究における期限内でのレポート、図面、論文等の完成・提出を通して、自立して計画的に仕事を進め、期限内に終える能力を育成する。
  • 自主的、継続的に学習できる能力
    全ての専門基礎科目および専門教育科目および卒業研究における自主的、継続的な学習を通して、自主的に継続的に学習できる能力を育成する。