工学部

応用化学工学科の教育理念・目標

教育目標

 創造性・独創性・国際性豊かな次世代の化学ならびに化学工学に関する技術者・研究者の養成を目指し、初年度は応用化学概論ならびに化学工学概論を中心とした総合的な基礎科目ならびにIT関連の情報科目、物理や数学の基礎、外国語などを学び、2回生以降には応用化学コースと化学工学コースに分かれて基礎から徐々に専門性を高めて学習します。
 応用化学コースでは有機化学・無機化学・生命化学・高分子化学・環境化学などを中心とした科目、化学工学コースでは化学工学・反応工学・物理化学・固体流体力学・設計製図などを中心とした科目を学び、これらの一部はコース間で相互に学習することもできます。
 これらの専門科目を通じて課題追求型能力を習熟するとともに、卒業研究において、“化学”に関するより実践的な能力を身につけることができます。