大学院工学研究科

機械工学専攻

機械工学専攻の概要

 機械工学専攻では、機械工学の各学問分野を貫く横断的視野に立って、課題を発掘し、解決できる能力を備え、自立して研究を遂行し得る創造性豊かな専門技術者・研究者を育成します。より効率のよい学部・大学院(博士前期課程)の6年一貫教育の観点から、従来の機械工学部門と機械知能工学部門を統合し、学部の機械工学コースとの整合性を一層強化しています。また、産学交流等による外部研究機関との連携を深め、社会のニーズに応えて幅広い工学分野に柔軟に対応できる高度専門技術者の養成を目指します。 本専攻に含まれる学問分野は、大きくダイナミクス(熱、流体、機械力学、制御など)とデザイン(設計、加工、生産、機械材料など)に分けられます。さらに、従来の力学を中心とした機械工学に電気電子情報工学やバイオ・医療などを融合させた学際領域も対象分野に含まれており、先端的な機械工学に関する教育・研究を行います。

エンジンを分解しているところ

エンジンを分解しているところ

カリキュラム・ポリシー

 機械工学専攻では、高度な力学、熱力学、流体力学、機械振動、コンピュータ制御による情報制御技術、先端的な機械設計、精密加工、機械計測制御等の機械工学領域に関する教育・研究指導を行う。
 工学研究科共通のカリキュラム・ポリシーはこちらをご覧ください

科目履修系統図

教員紹介

機械工学専攻の教員紹介

機械工学専攻の教員一覧 教員一覧はこちらより