大学院工学研究科

応用化学専攻

応用化学専攻の概要

 応用化学工学においては、生命、情報、医療、医薬、宇宙、エネルギーなどのすべての分野に関わる化学物質、およびそれらの化学工学プロセスにおいて、創造性・独創性・国際性豊かな未来を担う広範な“化学”に関する技術者・研究者の養成を目指し、専門技術者として、化学及び化学工学に関する広範な内容を系統的に理解し、総合的で柔軟な思考力を養う人材を育成する

応用化学専攻

カリキュラム・ポリシー

 応用化学専攻では、高分子・液晶等の新有機材料、微生物による環境浄化システム、遺伝子プローブ、セラミックス・機能性ガラス等の応用化学領域に関する教育・研究指導を行う。
 工学研究科共通のカリキュラム・ポリシーはこちらをご覧ください

科目履修系統図

教員紹介

応用化学専攻の教員紹介

応用化学専攻の教員一覧 教員一覧はこちらより