工学部・大学院工学研究科トップ > 産学連携・交流/産学連携センター

産学連携機構(産学連携センターより名称変更)

産学連携 〜大学と産業界のバリアフリーを目指して〜

大学は、研究者の自由な発想により創造的な研究を展開するとともに、優れた人材を育成することを本来の使命としています。その使命を果たすことにより、広く人類・社会の発展に貢献しています。

今日、大学に対し産業界など各方面から具体的な諸課題の解決に向けた、多様な期待と要請が寄せられるようになってきています。大学で培われた研究成果の蓄積や研究能力、各学部・研究所の特色を生かして、社会・産業界の要請に応じた協力体制を推進しています。

大学と産業界との間の協力は、大学が社会に貢献するというだけでなく、大学自身にとっても、社会との活発な交流を通じて大学本来の学術研究にも有益な刺激を受けることになり、相互に非常に大きな意味をもっています。

このような観点から、本学では、「産学連携機構」を設置し、学術研究の社会的協力・連携を積極的に推進していくこととしています。

■県立大学の産学連携に関する実績(14年度)

区分 助成金 受託研究 共同研究 技術相談 企業訪問
件数 157 43 22 132 95

国・外郭団体地方自治体・県民・コミュニティ・NPO地域企業・経済団体国内大学・企業海外の大学・企業
↑
総合案内・相談・広報
↓
関係外部機関連携産学連携センター連携関係外部機関
↓
リエゾンオフィス(大学内外の橋渡し)
↓
大学の資源を生かした共同研究などの推進大学の資源を生かした起業家などの育成推進