兵庫県立大学 工学部・大学院工学研究科
ヘッドラインニュース <公開日:H24.08.11>

物質・エネルギー部門の村松康司教授がDV-Xα研究協会学術賞を受賞

工学研究科物質系工学専攻物質・エネルギー部門の村松康司教授は,2012年8月6〜8日に福岡大学で開催された第25回DV-Xα研究会において,第10回DV-Xα研究協会学術賞を受賞されました。この学術賞は日本で開発された量子化学計算手法DV-Xα法に関して優れた学術的成果をあげたものに贈られる栄誉ある賞で,今回の受賞では「DV-Xα法の放射光軟X線分析への適用とその有用性の実証」が高く評価されました。村松教授の研究分野は放射光分析科学で,放射光軟X線の分光実験とDV-Xα法による理論解析を両輪として研究を進めることにより,電子・化学状態を詳細に調べる放射光軟X線分析技術の開発に貢献してきました。今後,本技術は学術界での基礎・応用研究から産業界での実用に向けて,大きく発展が期待されています。