兵庫県立大学 工学部・大学院工学研究科
ヘッドラインニュース <公開日:H26.10.24>

機械系工学専攻博士前期課程の伊藤駿君が第5回マイクロ・ナノ工学シンポジウムでの研究発表でフェロー賞を受賞

機械系工学専攻博士前期課程2回生(当時)の伊藤駿君(現在,トヨタ自動車)が日本機械学会主催第6回マイクロ・ナノ工学シンポジウムにおいてフェロー賞を受賞しました.この賞は2013年11月5日〜7日に仙台国際センターで開催された第5回マイクロ・ナノ工学シンポジウムでの研究発表「Al/Ni多層構造体の発熱反応限界サイズ評価とクラック抑制の検討(生津准教授指導)」に対して授与されたものです.Al/Ni自己伝播発熱材料をサブミクロンサイズまで小さくしたときの反応伝播限界サイズを実験的に特定するとともに,その知見を活かして新たなクラックフリーハンダ接合方法を提案したものです.新規機能性材料の創製とその物性に関する研究成果に加えて質疑応答を含むプレゼン技術が総合的に評価され,最高点を獲得した伊藤君に同賞が授与されました.