工学部・大学院工学研究科トップ > 工学部/工学部の理念・教育目標

工学部の理念・教育目標

工学部の理念

 本学部は、「ものづくり」に主眼を置いた教育・研究を通して、真に人類の利益と安全に貢献できる有能な人材の育成を図るとともに、先導的、創造的研究に基づく工学知の発信基地として我が国と兵庫県の文化の向上と産業の発展に寄与します。
 高い倫理観の涵養と異文化理解の深化、グローバル・コミュニケーション能力の向上を目指した教育に加えて、徹底した工学専門基礎教育の上に高度な専門教育と研究指導を行い、国際的に通用する資質と能力を兼ね備えた専門技術者・研究者を育成します。

工学部の教育目標

 本学工学部では、複雑化・多様化する社会環境や目まぐるしく進展する技術革新に柔軟に対応して、社会の先導的な役割を担い得る有為な人材の育成を目指しています。全学共通教育では、人文社会科学の知識を幅広く学び人間としての高い倫理観の涵養と異文化理解の深化を図るとともに、グローバル・コミュニケーション科目にも習熟し、国際社会で活き活きと活躍できる基本的能力と素養の向上に努めます。専門教育では、学部・大学院一貫教育を充実させ、工学に関する幅広い基礎的学問や専門基礎知識を十分修得した後に、高度な専門教育を実施することにより、国際的に通用する資質と能力を兼ね備えた専門技術者を育成します。
 また、「パイロットゼミ」(きめこまかな学習指導や生活相談、全人教育などを目的に全教員が1年生を数名ずつ担任する制度)などの正課教育外制度を通して、初年度から工学に対する興味、関心を啓発し、学ぶ喜びを知ることにより、主体的、積極的に学問に取り組む姿勢を導き出します。
 以上、要約すれば次のようになります。
  1. 幅広い基礎学力に裏付けされた論理的思考力と判断力を備え、問題提起や活発なアイデア提案を行うことのできる人材を育成します。
  2. 自然と人間の営みに対する高い倫理観の下に、地域や地球規模での環境問題にも正しく対処しながら技術開発を実行できる人材を育てます。
  3. 異文化と協調して広く国際社会で活躍でき、かつ地域社会にも貢献できる人材を養成します。
  4. 専門学科教員と密接に接触できる正課教育外制度(パイロットゼミ)を通して、学習に対する主体性と豊かな感性を養い、柔軟な発想と個性豊かな、独創力を発揮できる人材を養成します。