工学部・大学院工学研究科トップ > 大学院工学研究科/沿革

大学院工学研究科の沿革 ―輝く個性―

 昭和43年度に創設された修士課程応用化学専攻と産業機械工学専攻を皮切りに順次体制を整え、昭和50年度5専攻体制として修士課程が完成、昭和56年度には全国の地方国立大学に先がけて生産工学1専攻の博士課程を設置しました。さらに、平成9〜11年度にかけて、学問の複合領域や境界領域の研究に根ざした科学技術、技術革新と種々の社会情勢の急激な変化に柔軟に対応できるように、新たに電気系工学専攻、機械系工学専攻、物質系工学専攻の3大専攻による博士前期・後期制としました。既に、1,984名の修士(工学)と110名の博士(工学)を輩出しています。


工学研究科の沿革

昭和19年4月 兵庫県立高等工業学校 開校
昭和19年4月 兵庫県立工業専門学校に改称
昭和21年6月 姫路市伊伝居に移転
昭和24年4月 姫路工業大学 開学(電気工学科、機械工学科、応用化学科)
昭和37年4月 学科増設(産業機械工学科)
昭和40年4月 学科増設(電子工学科)
昭和41年4月 学科増設(金属材料工学科)
昭和43年4月 大学院工学研究科修士課程設置(応用化学専攻、産業機械工学専攻)
昭和45年4月 姫路市書写へ移転
昭和48年4月 大学院工学研究科修士課程増設(電気電子工学専攻、金属材料工学専攻)
昭和50年4月 大学院工学研究科修士課程増設(機械工学専攻)
昭和56年4月 大学院工学研究科博士課程設置(生産工学専攻)
昭和60年6月 工学基礎研究所開設
工学部学科名変更(金属材料工学科から材料工学科)
平成 5年4月 工学部学科増設(機械知能工学科、情報工学科)
平成 7年4月 大学院工学研究科名称変更(金属材料工学専攻から材料工学専攻)
平成 9年4月 大学院工学研究科修士課程を改組し、電気系工学専攻、機械系工学専攻、
物質系工学専攻を設置
平成11年4月 大学院工学研究科修士課程を博士前期課程に名称変更
大学院工学研究科博士後期課程電気系工学専攻、機械系工学専攻、物質系工学専攻開設
平成14年4月 大学院部局化
平成16年4月 兵庫県立大学 大学院工学研究科に移行