休講情報(気象警報・交通途絶)

現在、休講の情報はありません。この情報がある時は、午前9時以降に掲載します。

最新の情報を得るために、更新ボタンを押してください。

なお、自然災害(台風等)による休講についての主な内容は以下のとおりです。

●交通途絶の場合の休講(定期試験を含む。)
(1)基準時間
ア 午前7時までに解決・・・1時限目から授業(通常どおり)
イ 午前7時現在継続し、午前11時までに解決・・・午前中休講となり、3時限目から授業
ウ 午前11時を過ぎても継続している・・・午後休講
エ 交通途絶が授業開始後に発生した場合・・・原則として、その授業は平常どおり実施し、次の時限以降の授業は上記イからウのとおり

(2)休講に係る交通途絶の要件
ア 姫路工学キャンパス
次のいずれかに該当する場合(平成28年4月1日変更)
@神姫バスが不通の場合
AJR山陽本線(姫路駅を含む区間)が不通の場合

●気象警報発令の場合の休講(定期試験を含む。)
(1)種類
  神戸海洋気象台が発令する気象警報とし、以下の7種類とします。
【警   報】「暴風警報」「暴風雪警報」「大雪警報」
【特別警報】「大雨特別警報」「暴風特別警報」「暴風雪特別警報」「大雪特別警報」
※「大雨警報」は対象としませんので、注意してください。

(2)基準時間
ア 午前7時までに解除・・・1時限目から授業(通常どおり)
イ 午前7時現在発令中で、午前11時までに解除・・・午前中休講となり、3時限目から授業
ウ 午前11時を過ぎても解除されない・・・午後休講
エ 上記気象警報が授業開始後に発令された場合・・・原則として、その授業は平常どおり実施し、次の時限以降の授業は上記イからウのとおり。ただし、当該授業の継続が困難な場合は、各キャンパスの判断で授業を即座に中止することができる。

(3)休講に係る警報発令対象地域
ア 姫路工学キャンパス
     姫路市

●遠隔授業の休講について
遠隔授業は、複数のキャンパスにおいて同時に実施するため、受講教室と実施教室のいずれかにおいて、気象警報等により遠隔授業が実施できない場合は、学生間の公平を図る観点から、実施教室及び受講教室ともに授業を中止(又は休講)します。