工学部・大学院工学研究科トップ > 物質系工学専攻 > 研究グループ一覧 > 材料設計学研究グループ
物質系工学専攻/マテリアル・物性部門

材料設計学研究グループ

山崎 徹 教授 《材料設計学》
三浦 永理 准教授
足立 大樹 准教授
菊池 丈幸 助教 《無機固体化学》

教育・研究の内容

 教育面では、非平衡物質科学、固体物理、金属学等の講義を行っています。研究 面では、電解析出法、強ひずみ加工法による超微細粒材料の創製ならびにマイクロ成形を行い、結晶構造、粒界構造と材料の諸機能との相関の研究を行っています。また、金属ガラスの機械的特性や接合への応用等の研究,生体材料の摩耗表面の解析等も行っています。さらに高温酸化物超伝導体や酸化物磁性材料など、高周波デバイス応用に適した機能性酸化物や、二次電池等のエネルギー分野で重 要な酸化物材料の合成を主に溶液プロセスを中心に行い、物性評価及び構造解析に関する研究を行っています。

最近の研究テーマ

(1) 電析法による高強度ナノ結晶合金の開発とマイクロ成形
(2) 大過冷却能を有する金属液体の粘度測定、及び液体から固体への冷却過程の過渡現象
(3) 溶液プロセスによる機能性酸化物材料の合成、物性、及び結晶構造の解析
(4) Ti合金の疑似体液中での摩擦摩耗下における材料表面の組織観察と構造解析
(5) 金属ガラスの生体材料用ろう材への応用
(6) 超微細粒金属材料における変形機構の解明
(7) アルミニウム合金中におけるナノクラスター形成過程の解明

技術相談、共同研究等の可能な分野

[山崎]
アモルファス・ナノ結晶材料、材料設計学
[三浦]
生体材料,遷移金属材料,金属ガラス,材料加工学
[足立]
構造用金属材料、ナノ組織、材料組織学
[菊池]
無機合成、高温超伝導材料、磁性材料