工学部・大学院工学研究科トップ > 物質系工学専攻 > 研究グループ一覧 > 物質制御計測化学研究グループ
物質系工学専攻/物質・エネルギー部門

物質制御計測化学研究グループ

村松 康司 教授 《分析科学、放射光科学》
松尾 吉晃 准教授 《無機工業化学》

■研究の詳細については、こちらをご覧ください。
⇒物質制御計測化学研究グループホームページへ

教育・研究の内容

 シンクロトロン放射光を用いる高度解析技術開発とナノ空間を制御した新機能材料開発を基軸とした物質科学研究を推進している。具体的には、ニュースバルを含む国内外の放射光施設を利用して新しい軟X線分光計測技術を開発し、炭素材料を中心とする軽元素機能材料の物性基礎研究と分析応用研究を進めている。併せて、層状化合物を出発物質としてナノ構造の制御された新規な有機・無機ハイブリッド材料の創製に取り組んでおり、得られた材料の各種電池の電極材料、水素貯蔵材料や、白色蛍光材料などの光機能性材料への応用を目指している。教育では、物質・エネルギー科学に関する基礎学力を有する人材を輩出するため、物理化学、電気化学、分析化学等の講義と学生実験を担当している。

最近の研究テーマ

(1) 放射光軟X線分光計測技術
(2) 軽元素機能材料の軟X線分析
(3) 量子化学計算による電子構造解析
(4) 層状多孔質材料の合成
(5) グラフェン系炭素材料
(6) 含フッ素材料

応用分野(番号は研究テーマに対応)

(1) 軟X線分析装置の開発
(2) 炭素材料,窒化物,酸化物,複合材料等の精密分析
(3) 原子・分子レベルの材料評価
(4) エネルギー貯蔵材料・白色蛍光材料
(5) 透明電極
(6) 電池材料

技術相談、共同研究等の可能な分野

[村松]
放射光、分析化学、電子構造解析、量子化学計算、炭素材料、軽元素材料
[松尾]
層状化合物、炭素材料、発光材料、透明電極、リチウム二次電池

■研究の詳細については、こちらをご覧ください。
⇒物質制御計測化学研究グループホームページへ