学部・研究科案内

教員詳細

榎原 晃 [えのきはら あきら]
教授|工学博士
メールアドレス enokihara@eng.u-hyogo.ac.jp
榎原 晃

研究テーマ:光通信や光信号処理のための光学デバイスの研究・開発

 光は電波と同じ電磁波の一種ですが、周波数が電波よりも遙かに高く、そのため、非常に多くの情報を光に乗せて伝送することができます。また、光ファイバと呼ばれる非常に低損失な光伝送路を通すことで、光を数十km先まで無中継で伝送することもできます。この特徴を生かして、光に大量の情報を乗せ、光ファイバに通して遠方に配信する技術が「光ファイバ通信」で、実際に、携帯端末やインターネット、CS放送などでも利用されており、現在の情報社会を支える技術です。本研究テーマは、将来の光ファイバ通信システムに利用されるような高性能な光デバイスや光信号に様々な処理を施すための新しい光デバイスの研究開発を目的としています。
 光に情報を乗せるには、光変調器と呼ばれる素子が使われます。これは、、レーザによって作られた単色性に優れた光に対して、電気信号でその光の振幅や位相を変調するもので、光ファイバ通信の性能はこの光変調器の仕様で決まってしまいます。そのため、ミリ波信号による変調などの高速な動作が可能な光変調器や、より多くの情報を載せるための特殊な変調方式や高度なスペクトル制御ができる光変調器の開発を行っています。最近では、光SSB変調素子やミリ波帯で動作する光変調素子、波長チャーピングを制御した光変調素子の研究等があります。
 他には、光に対して様々な処理をする光集積回路デバイスの研究を行っています。光の空間干渉や光伝送路に設けた周期的な構造変化などを利用して、光波長フィルタや波長分散制御などを目指した新規構造の光学デバイスの検討を行っています。

  • 試作した電気光学変調器

    試作した電気光学変調器

  • 高周波回路一体型光変調器

    高周波回路一体型光変調器