学部・研究科案内

教員詳細

藤田 孝之 [ふじた たかゆき]
准教授|博士(工学)
メールアドレス fujita@eng.u-hyogo.ac.jp
藤田 孝之

研究テーマ:MEMS技術によるセンサ・アクチュエータおよびエナジーハーベスタ

 MEMS(Micro Electro Mechanical Systems:「メムス」と発音)技術は,超微細な集積回路を作る技術を用いて,微細な機械構造体を集積回路と共に高精度かつ大量に製造する技術です.MEMS技術によって,iPhoneやスマートフォンに搭載されている加速度センサ,ジャイロ(角速度センサ)やマイクロフォンなどのセンサ類,インクジェットプリンタのヘッドやDMDプロジェクタなどのアクチュエータ類が作製され,現在では非常に身近な存在となっています。
 我々の研究グループでは,MEMS技術を使ったセンサ(物理現象→電気信号),アクチュエータ(電気信号→物理現象)だけでなく,新たな研究テーマとしてエナジーハーベスタ(物理現象→電気エネルギー)にも取り組んでいます.エナジーハーベスタは,環境に散在する光,熱,振動,電磁波などのエネルギーを電力エネルギーに変換し,省電力のセンサやコンピュータ,通信デバス用の電源として利用するものです.身近な電子機器から電池交換・充電を無くせるよう,研究を進めています。
 左図:集積化MEMS環境センサ,圧力,湿度,温度,3軸加速度を同時計測可能.15mm x 10 mm。
 右図:エレクトレット式振動型エナジーハーベスタ.振動エネルギーをエレクトレットに蓄えられた電荷の移動に変換して発電.12 mm角.

  • 集積化MEMS環境センサ

    集積化MEMS環境センサ

  • エナジーハーベスタ

    エナジーハーベスタ