学部・研究科案内

教員詳細

原田 泰典 [はらだ やすのり]
教授|工学博士
メールアドレス harada@eng.u-hyogo.ac.jp
原田 泰典

研究テーマ:ショットピーニングによる金属表面改質とチタン材料のプレス成形

◎ショットピーニングによる金属表面改質について
 ショットピーニングとは1ミリ程度の鋼球を高速度で金属表面に衝突させて金属表面のみを大きく塑性変形させて金属の表面特性を改善する技術です。鋼球が衝突した金属表面は強変形によって硬くなり、さらに圧縮の残留応力が付与されます。この効果によって部品の疲労寿命が改善されるため、自動車や電車など搬送車体の中にある歯車やばねのような機械部品に対して重要な技術として広く適用されています。本研究では、このショットピーニングを応用した異種材接合法の開発を行っています。材料表面に異種材料を載せた状態で同時に鋼球を衝突させて異種材料を接合させるという新しい加工法です。写真1は、腐食し易いマグネシウム合金に対して高耐食性の純アルミ箔を接合した表面近傍断面です。マグネシウム合金の耐食性の向上が期待できます。

◎チタン材料のプレス成形
 高耐食性と高比強度を有するチタン材料は、古くから化学工業分野で使用されていますが、航空機や電力などの特定分野から建築品、民生品、スポーツ用品など幅広い分野まで急激に利用範囲が拡がっています。本研究では、プレス成形の中でも成形がとても難しいとされているチタン材料の深絞り加工を行い、その成形性について調べています。さらに、チタン容器の機能性を高めるため、異種金属板とチタン板を重ねた状態で同時に深絞り加工を行うことで新しいクラッド容器成形技術の開発も試みています。写真2は、樹脂板を純チタン板でサンドイッチした状態から深絞り加工を行って作製したチタンクラッド容器の外観です。容器強度や耐防振性の向上が期待できます。

  • ショットピーニングによって接合した純アルミ箔

    ショットピーニングによって接合した純アルミ箔

  • 異種積層板から作製したチタンクラッド容器

    異種積層板から作製したチタンクラッド容器