学部・研究科案内

教員詳細

橋本 智 [はしもと さとし]
助教|博士(理学)
メールアドレス hashi@lasti.u-hyogo.ac.jp
橋本 智

研究テーマ:電子ビーム加速器の高度化。相対論的電子ビームを用いた光源開発。

 高エネルギー電子ビームの軌道を磁場で曲げると接線方向前方に非常に強い電磁波(シンクロトロン放射光)が発生します。兵庫県立大学では軟X線領域の放射光を用いて産業利用を行うニュースバル放射光施設を有しています。放射光を発生するためには加速器と呼ばれる巨大な装置で電子ビームを加速し、長時間蓄積することが必要です。加速器は真空・電磁石・高周波・モニター・制御等、様々な要素技術から構成され、これらが複雑に組み合わさった複雑なシステムです。加速器研究は装置の科学でもあり、光源加速器の更なる性能の向上・高度化に向けて様々な研究を行っています。
 またニュースバルとは別に小型線型加速器LEENAを用いたテラヘルツ光源開発も行っています。比較的低エネルギーの電子ビームを用いてテラヘルツ領域(周波数0.1〜数10 THzの電磁波を指し、マイクロ波・ミリ波と遠赤外光の中間に広がる幅広いスペクトル領域)の電磁波の大強度かつ波長可変な光源開発を行っています。これまでにテラヘルツ領域のシンクロトロン放射に加えて、スミス・パーセル放射(電子ビームが溝のある金属近傍を通過する際に放射する電磁波)の発生に成功しました。現在、発生するテラヘルツ光の強度を数桁強くし、テラヘルツ光利用実験の実現に向けた研究を行っています。

  • ニュースバル電子蓄積リング

    ニュースバル電子蓄積リング

  • 15MeV電子線型加速器LEENA

    15MeV電子線型加速器LEENA