学部・研究科案内

教員詳細

山本 宏明 [やまもと ひろあき]
准教授|博士(工学)
山本 宏明

研究テーマ:熱力学諸量の測定と非水溶液からの機能性合金の作製

 化学熱力学に関連した基礎的な研究として、固体電解質を用いた起電力法により標準生成ギブズエネルギーの測定を行っています。起電力法は、酸素イオン伝導体である固体電解質を用いて酸素濃淡電池を作製し、測定対象を含んだ試料物質と参照物質の酸素分圧の差に起因する起電力を測定することで、測定対象物質の標準生成ギブズエネルギーを決定する方法です。起電力法では、測定対象物質を含んだ系の平衡関係を把握しておく必要がありますが、精度良い値が得られることが特徴です。これまで、金属ホウ化物を中心に様々な物質の標準生成ギブズエネルギーを決定・発表してきました。また、測定した標準生成ギブズエネルギーをもとに、合金の活量や酸素ポテンシャル図などの化学平衡図を作成し、酸化特性の考察などに活用しています。
 上記の熱力学諸量の測定のような基礎的な研究の他に、物質創成に関する研究も行っています。特にアルミニウムやマグネシウムといった水溶液における電解では得られない卑金属あるいは卑金属を含んだ機能性合金の非水溶液電解作製に関する研究を行っています。これまで、1-エチル-3-メチルイミダゾリウムブロミドといったイオン液体を用いることで、高耐食性を示す亜鉛-マグネシウムめっき鋼板の作製や,アルコールの一種であるエチレングリコールを溶媒に用いた溶液から熱電変換材料であるコバルト-アンチモン系合金の電析,無機系の金属塩から成る溶融塩から鉄-アルミニウム合金の電析について研究を行ってきました.

  • 起電力法に使用する装置

    起電力法に使用する装置

  • 非水溶液電解に使用するグローブボックス

    非水溶液電解に使用するグローブボックス