学部・研究科案内

教員詳細

西田 純一 [にしだ じゅんいち]
准教授|理学博士
メールアドレス jnishida@eng.u-hyogo.ac.jp
西田 純一

研究テーマ:レドックス活性な新規有機π電子系化合物の創出とエレクトロニクスへの応用

 私達は、有機合成反応を利用して酸化還元活性な新しい共役系の炭素化合物の創出を行なっている。新しい構造を持つ炭素化合物の創出が研究の柱であり、また骨格の中にヘテロ原子を導入することで多彩な構造や物性を有する化合物を合成できる。これらの化合物は集合化させることで、正電荷(ホール)や電子を輸送可能な有機エレクトロニクスデバイスの半導体活性層として利用することができる(図1)。これらの化合物の中には発光を示すものもあり、発光素子への応用を目指した分子の設計と合成を行っている。発光性分子が対称心ない集合体として配列する場合には(図2)、摩擦等の力学的な力で発光する摩擦発光材料に応用することが可能であり、それらの応用を目指した研究を行っている。一方。電子移動の前後で構造や物性が大きく変化する化合物の創出も行っており、電圧の変化で色調等の物性が大きく変化する分子応答系に展開できる。また分子認識能を有する新規なホスト化合物の研究も行っている。

  • 新しい炭素縮環化合物の創出

    新しい炭素縮環化合物の創出

  • イミド化合物の構造と摩擦発光

    イミド化合物の構造と摩擦発光