学部・研究科案内

教員詳細

河合 正 [かわい ただし]
准教授|博士(工学)
メールアドレス kawai@eng.u-hyogo.ac.jp
河合 正

研究テーマ:ワイヤレス情報通信システムのためのマイクロ波受動回路素子の高性能化

 私達の身の回りにはワイヤレス(無線)を使った通信がたくさんあります.身近なものでは携帯電話(スマホ),テレビやラジオの放送,ETC,無線LANなどなど.電波を利用したと言う方が分かりやすいかもしれません.このように我々の生活の至る所で利用される電波を有効に活用するため,新たな通信方式や回路システムの研究開発が盛んに行われています.
 我々の研究室では,マイクロ波回路システムにおいて信号の合成/分配,バランス型増幅器,移相器,ミキサなどに用いられるカプラ,方向性結合器,電力分配器など各種受動デバイスの新たな構成法を提案し,小型,高集積,広帯域/マルチバンドなど高性能なデバイスの開発を目指しています.電気回路で取り扱う抵抗,インダクタ,キャパシタなど集中定数素子で構成される回路から,誘電体基板上に構成されるマイクロストリップ線路などの平面回路系,さらには金属導波管,誘電体導波路など様々な回路構成を取り扱っています.設計目標を達成しうる回路構成を提案し,その解析設計を行い,電磁界シミュレータによる解析や試作実験によりその有効性を確認しています.
 また,マイクロ波は情報のみでなく,エネルギーも伝送できることから,マイクロ波エネルギーを用いた水や油など液体加熱システムの提案も行っています.このシステムにも導波管回路を利用することから,前述の導波管回路設計のノウハウを生かしています.
 このように高周波回路技術は,マイクロ波回路システムを構築する上で重要な技術の一つと考え,研究開発に取り組んでいます.

  • 広帯域マイクロ波分配/合成回路

    広帯域マイクロ波分配/合成回路

  • H面導波管回路素子と誘電体集積基板導波路系回路への応用

    H面導波管回路素子と誘電体集積基板導波路系回路への応用