学部・研究科案内

教員詳細

小西 康夫 [こにし やすお]
教授|工学博士
メールアドレス konishi@eng.u-hyogo.ac.jp
小西 康夫

研究テーマ:制御理論の工学応用について

 制御理論は、産業革命で実用化された蒸気機関の回転数を一定に保つために開発された調速機から発展してきました。現在でも発電用、船舶用、農・工用など一定速度で運転する必要がある機関には調速機はついています。時代も変わり制御理論は今や、回転機械だけでなく、全ての工業製品の付加価値を高めるために、陰で必要な技術になっています。皆さんが制御理論と聞いて最初に思い浮かぶものは、きっとロボットなどの自動機械でしょう。しかし実際には、ほとんど全ての工業製品に制御理論は用いられています。例えば、エアコンや冷蔵庫の温度制御、コンピュータのハードディスクの速度制御、カメラの手振れ防止、また車について考えるだけで、エンジンを常に完全燃焼させるための装置、ブレーキのABS(横滑り防止装置)、最近はやりの追突防止システムなどは、制御技術が無くては実現できなかったものです。制御理論そのものは、このように製品の付加価値を上げるために、陰に隠れた技術ですから、一般の方には馴染みが無いかもしれません。しかし、工業的にはきわめて重要で、利用範囲の広い汎用的な技術であり、得られる研究成果は全ての産業に及び大学において研究する価値は高いと言えます。このように何にでも利用できる理論は、残念ながら実は極めて数学的(抽象的)で分かり難く、実態を離れた数学の世界だけの研究になる危険もあります。しかし工学に身を置く私どもは、理論(数学)に偏ることなく、工業的な応用を常に考え、より使いやすく、またより良い制御性能が得られるよう工学的な視点を常に意識し日夜研究しています。

  • ツインロータ型ヘリコプタの実験用モデル

    ツインロータ型ヘリコプタの実験用モデル

  • 耐故障制御系研究用冗長入力を持つ回転速度制御装置

    耐故障制御系研究用冗長入力を持つ回転速度制御装置