学部・研究科案内

教員詳細

倉本 圭 [くらもと けい]
准教授|工学博士
メールアドレス kuramoto@eng.u-hyogo.ac.jp
倉本 圭

研究テーマ:The 学際領域 :: 多階層並列情報処理

 工学系・情報系の研究を展開しています。計算機や計測・分光器を用いて、研究対象のシステムを解析し、必要であればシミュレーションを行い、その高機能化をめざしたエンジニアリングを行います。対象はナノ材料であったり、生体・医療データであったり、 紙幣や硬貨やドキュメントであったり、さまざまです。一領域の学問では乗り越えられない問題をさまざまな角度からアプローチすることが研究の特徴です。 また「自分でプログラムを記述」して研究を実施することも特徴的です。 従来の型にはまらないアプローチは批判にさらされることも多いですが、それが新しい時代や技術を切り拓く第一歩だと考えて毎日精進しています。 研究の一例として、喘息発作の研究があります。原因解明から予防法の提案まで身近な姫路市の統計から考えられること、兵庫県の天気データから考えられること、 大気の化学成分から考えられること、自動車や工場の排気ガスから考えられること、免疫システムから考えられること、原子分子のナノレベルから考えられること、様々な角度から情報を得て、我々のできることを考えなければなりません。 研究室ではこれらのことをビックデータ解析・多階層シミュレーションなどの高度な情報処理やマルチスケールマルチフィジックスシミュレーション用いて研究しています。 正直、個別学問を展開してインパクトファクターの高い論文を出す方が研究者として大成するのかと思いますが、今は「サイエンス」ではなく「エンジニアリング」をメインに研究活動を進めています。きっとそこには新しい科学があるはず。

  • 計算機プログラミングは一つの芸術です

    計算機プログラミングは一つの芸術です

  • ナノ領域から社会現象まで研究対象は広いです

    ナノ領域から社会現象まで研究対象は広いです