学部・研究科案内

教員詳細

松本 歩 [まつもと あゆむ]
助教|博士(工学)
メールアドレス matsumoto.ayumu@eng.u-hyogo.ac.jp
野崎

研究テーマ:無電解プロセスによる表面微細構造の形成とレーザー分光分析への応用

 固体表面に形成される微細な構造は、その特異的な性質から、太陽電池や化学センサー等、幅広い分野で応用されています。私たちは、無電解置換析出や金属援用エッチングと呼ばれる反応を利用して、半導体基板上に微粒子や微細孔を形成しています。この方法は、試料を溶液に浸すだけのシンプルな方法ですが、反応機構が複雑で、従来の考えでは説明できない現象が多く発見されています。これに対して、電気化学測定や各種表面分析法を活用し、物理化学的なアプローチでメカニズムの解明に挑戦しています。一方で、レーザーアブレーションで生成するプラズマの発光分光分析において、金属微粒子を担持した多孔質基板を利用すれば、表面プラズモン共鳴効果や熱伝導率の低下により、表面のアブレーション効率が向上すると期待されます。そこで、レーザー光や金属微粒子、多孔質層、プラズマの相互作用を追求することで、高感度な分析手法の確立や新たな光学現象の発見を目指しています。
また、原子力機構と協力して、福島第一原子力発電所の廃炉におけるレーザー遠隔分析技術を開発しています。私たちは、レーザープラズマ中の化学反応で一時的に形成する二原子分子の発光から、核燃料デブリの同位体分析を行う手法を検討しています。その他に、廃棄された電子部品からの貴金属回収プロセスや、密着性の高いめっき膜の作製、めっき膜中の水素に関する研究にも取り組んでいます。

  • シリコン基板表面に析出した銀粒子とエッチング後の微細孔金

    シリコン基板表面に析出した銀粒子とエッチング後の微細孔

  • プラズマ中の化学反応で形成したZrO分子の発光スペクトル

    プラズマ中の化学反応で形成したZrO分子の発光スペクトル