学部・研究科案内

教員詳細

中村 光伸 [なかむら みつのぶ]
准教授|博士(工学)
メールアドレス mitunobu@eng.u-hyogo.ac.jp
中村 光伸

研究テーマ:生体分子を利用した分子組織体の構築と機能化

 生体分子である核酸はボトムアップ型のナノ構造を構築できる材料であるだけでなく、機能性分子をナノ空間に集積させるための鋳型材料としても優れている。「生体分子を利用した分子組織体の構築と機能化」を課題として「自己組織化」、「光機能」をキーワードに、新しい光機能性分子の開発とソフトな機能性分子集積体の構築を目指している。

① 核酸を鋳型にした色素集積体の構築と光機能材料への応用
 核酸塩基に選択的に結合するレセプター分子を色素分子に連結した色素レセプターユニットを設計し、核酸と自己組織化させることで、一次元に秩序的に階層化した色素集積体の構築し、色素分子集積体の電荷移動、エネルギー移動、円偏光特性、蛍光特性を評価して、色素分子単体では見られない集積体に特異的な機能を解明する。
② 核酸の反応場としての応用
 生体高分子の多くは単一の分子量を有するのに対し、合成高分子は一般に異なる分子量の分子の混合物であり、幅広い分子量分布を有する。このような合成高分子材料の特定の物性あるいは機能を調べたり使ったりしたい場合には単一の分子量であることが望まれる。これまでに核酸を利用した色素集積体の研究で集積させる色素分子の数は核酸の鎖長により決められた数の色素分子を集積できることを明らかにしてきた。この手法を用いて光重合性分子の集積体を構築して、この集積体への光照射により重合させ、核酸の反応場としての評価を行う。