学部・研究科案内

教員詳細

永田 正義 [ながた まさよし]
教授|工学博士
メールアドレス nagata@eng.u-hyogo.ac.jp
永田 正義

研究テーマ:核融合エネルギー、プラズマ科学と応用、及び先端電力機器技術に関する研究

 東日本大震災以降、日本の電力エネルギー事情は大きな転換期を迎えています。これからのスマートな電力社会を構築するために、大学では新しいエネルギーの開発だけでなく、高い電力品質技術を保持するための優れた電力技術者の育成が求められています。しかし、単なる実践的な知識とスキルの保持者の輩出を目的とした学生を鍛え抜く職業的教育ではなく、グローバル社会にも対応できる「創造性」と「考える力」のある明るい学生の育成が大切です。このことを踏まえ、電気工学の学部教育に携わりながら、以下のテーマの研究と教育を実施しています。

1)将来の恒久的電力源としての核融合エネルギー科学の基礎研究:コンパクトな炉構造を目指したスフェロマックや球状トーラスと呼ばれる革新的なプラズマの特性研究から、そのユニークな磁場構造の幾何学的な遷移が類似する天体宇宙で観測されるプラズマ緩和現象の解明、独自の磁化同軸ガンを用いた先進的燃料供給法の開発、また国際熱核融合実験炉(ITER)ダイバータ材料のパルス熱負荷照射試験等の研究を実施しています。
2)環境・医療・バイオ・食品分野への大気圧プラズマ放電応用:特に食品分野におけるプラズマの原子分子イオンプロセスを利用した新産業創出として、高い安全性を有しながら高速滅菌が可能な水蒸気プラズマ滅菌装置の開発を行っています。
3)省エネ技術であるインバータ駆動モータの高性能化:電気、水素自動車など幅広く利用されているインバータ駆動モータは高電圧インバータサージによって発生する部分放電がモータの絶縁性能を劣化させ、故障を引き起こします。これらを未然に防ぐ最新の診断技術の開発を行っています。

  • 自然現象、電気とプラズマ

    自然現象、電気とプラズマ

  • 球状トーラスプラズマ装置(HIST)

    球状トーラスプラズマ装置(HIST)