学部・研究科案内

教員詳細

根来 誠司 [ねごろ せいじ]
教授|工学博士
メールアドレス negoro@eng.u-hyogo.ac.jp
根来 誠司

研究テーマ:有用生体触媒の探索、機能解析、および産業応用のための基盤研究

 生活必需品を工業生産するために様々な化学反応が利用されているが、その大部分は高温・高圧条件を利用したプロセスであり、副産物や有害廃棄物を生じる場合も多い。例えば、合成ポリマーは、衣類・生活日常品・工業製品部材として、大量に使用されているが、不要になったポリマーの大半は焼却・廃棄処分されるため、環境に多大な負荷を与え、やがては、資源の枯渇につながる。ナイロンは、強靱で、耐熱性、耐薬品性に優れているが、生物作用を殆ど受けず、リサイクル化も困難な素材である。これらの反応に生体触媒を用いた反応プロセスを利用できれば、省エネルギーかつ環境低負荷型の物質生産システムを確立することができる。我々はナイロン工業副産物を分解する微生物を分離し、その生化学的研究から、ポリマー鎖末端からモノマー単位で切断する酵素Ⅰと、内部のアミド結合を切断する酵素Ⅱが存在することを明らかにした。さらに、X線結晶構造解析と計算化学的アプローチにより、触媒機能と安定性に優れた酵素の分子設計を試みている。ポリマー分解で得られたモノマーは、ナイロン原料として再利用できるほか、別の生物変換プロセスと組み合わせれば、有機酸・アルコールなどの有用物質への変換も可能である。さらに、酵素による分解性と、ポリマー強度とを併せ持った素材開発を連動させて進めることが重要であると考えており、この様なアプローチの実現を目指した研究を実施している。 現在の研究テーマ 1.分子進化工学とタンパク質工学を活用した有用酵素の機能改良 2.酵素的モノマー化を考慮したナイロンポリマーの探索 3.有用アミド化合物の酵素合成 4.非天然アミノ酸の代謝工学

  • ナイロン基質含有寒天培地に生育する細菌と分解様式

    ナイロン基質含有寒天培地に生育する細菌と分解様式

  • ナイロン分解酵素(酵素Ⅰ)の立体構造

    ナイロン分解酵素(酵素Ⅰ)の立体構造