学部・研究科案内

教員詳細

野﨑 安衣 [のざき あい]
助教|博士(工学)
メールアドレス nozaki@eng.u-hyogo.ac.jp
野崎

研究テーマ:多元系合金からの多孔質触媒開発と水素生成反応への応用

 水素は次世代エネルギー源として活用を期待されているが, その爆発性の高さから貯蔵・運搬に関して問題視されている. そこで室温で液体または固体として存在する高水素含有化合物からの水素生成反応が注目されている. アンモニアボラン(NH3BH3)やギ酸(HCOOH)は水素含有率が高く, 貯蔵条件下で安定であることから,これら高水素含有化合物からの水素生成反応において高効率に水素を取り出すことのできる触媒の開発を目指している.
 また,触媒前駆体としてアモルファス合金を利用し,その構造が触媒特性に与える影響についても検討を行なっている.アモルファス合金は結晶合金とは異なり, 原子の配列が非常に無秩序でありその構造に由来した特異な性質を示す.一般に液体急冷法で調製したアモルファス合金はリボン状であり表面積が極めて小さい. 高活性化の手法として, アモルファス合金に化学処理を施し選択的に一成分を抽出させ多孔質触媒を得ている.触媒反応中や昇温過程におけるin situ XAFS測定を駆使し,多孔質金属の電子・構造状態やアモルファス合金の結晶化過程における構造変化を詳細に追跡し,多孔質金属の触媒特性と前駆体原子配列について関連を検討している.

  • アモルファス合金と結晶合金

    アモルファス合金と結晶合金

  • Au-Zrアモルファス合金から調製した多孔質Auの触媒作用

    Au-Zrアモルファス合金から調製した多孔質Auの触媒作用