学部・研究科案内

教員詳細

岡 好浩 [おか よしひろ]
准教授|博士(工学)
メールアドレス oka@eng.u-hyogo.ac.jp
岡 好浩

研究テーマ:キャビテーションプラズマに関する研究

 プラズマとは、気体中に存在する原子や分子の電子をはじき飛ばし、正イオンと電子がバラバラになった状態のことです。自然界では太陽、オーロラ、雷などがプラズマです。宇宙では99%以上がプラズマですので、地球はほとんどプラズマのない特殊な環境です。特殊な環境の地球でも、プラズマは電気や熱のエネルギーを利用して人工的に作ることができます。身近な物では蛍光灯やガスの炎もプラズマです。人工的に作ったプラズマは、スマートフォンなどの電子機器の製造工程で、クリーニングしたり、膜を堆積したり、膜を削ったりする技術にも使われています。
 通常、プラズマは大気中または圧力を下げた気体中で作ります。最近では液体中でプラズマを発生させる研究も進められています。液体中でプラズマを発生させるためには気泡を作る必要があります。我々の方式は、回転体でのキャビテーション(液体の流れの中で圧力差をつけることによって泡の発生と消滅が起きる現象)を利用して液体中に気泡を発生させています。この気泡の中で発生させたプラズマをキャビテーションプラズマと呼んでいます。我々が開発したキャビテーションプラズマ装置は大量の溶液を高速で攪拌しながらプラズマ処理ができることを特徴としています。キャビテーションプラズマは疎水性物質の水分散、ナノ粒子作製、溶液の除菌・殺菌・滅菌など様々な分野への応用が可能です。
 現在は、キャビテーションプラズマ装置の開発、分散液の開発(主に水溶媒へのカーボン材料の分散)、分散液の応用(主にリチウムイオン電池の性能向上)に特に力を入れて研究を進めています。

  • 水のキャビテーションプラズマ

    水のキャビテーションプラズマ

  • キャビテーションプラズマ処理前後のCNT懸濁液

    キャビテーションプラズマ処理前後のCNT懸濁液