学部・研究科案内

教員詳細

天野 壮 [あまの しょう]
助教|工学博士
メールアドレス sho@lasti.u-hyogo.ac.jp
天野 壮

研究テーマ:レーザーと相対論的電子ビームを用いた新光源の開発及びその応用

 量子エレクトロニクスに基づいたレーザーと相対論的電子ビームを用いた新光源の開発研究を行なっている。ここで言う光とは電磁波全般を示し、電波と光の境界領域の長波長テラヘルツ波から、高エネルギーで短波長のX線、ガンマ線まで、電磁波の幅広いエネルギー・波長領域で今までにない新光源を開発する。また、それを用いた新たな応用を開拓する。テラヘルツ波は線形電子加速器LEENAによる自由電子レーザー、或いはスミスパーセル放射によって発生する。強力で広い波長可変性のあるテラヘルツ源を目指している。X線領域はレーザープラズマにより実現している。希ガスの氷に強力なレーザーを集光照射すると、その氷がプラズマ化して特定のX線を放射する。これがレーザープラズマX線であり、強力なX線を得るために数100W級高出力固体レーザー自体の研究も行った。これまでX線源装置の開発に成功して数10Wの連続発生X線を得ている。このX線を使った微細加工・表面改質、生体細胞観察顕微鏡への応用研究も進めている。電磁波の中で最もエネルギーの高いガンマ線は、放射光施設ニュースバルの電子ビームとレーザーとの衝突による逆コンプトン散乱によって発生する。これをレーザーコンプトンガンマ線源と呼び、応用まで使える世界で数カ所しかない光源を開発した。現在、世界中から研究者が集まり、核変換等原子核物理や衛星搭載検出器の校正などの応用に使われている。以上の様に、新しい光源は新しい科学技術を創出する。

  • 200W高出力高繰り返しパルスレーザー装置

    200W高出力高繰り返しパルスレーザー装置

  • キセノンアイスからのレーザープラズマX線

    キセノンアイスからのレーザープラズマX線