学部・研究科案内

教員詳細

庄司 善彦 [しょうじ よしひこ]
准教授|理学博士
メールアドレス shoji@lasti.u-hyogo.ac.jp
庄司 善彦

研究テーマ:電子シンクロトロンのビーム物理

[粒子加速器とは]
 放射光光源である電子シンクロトロンの高度化と開発研究を行っています。 電子シンクロトロンは様々な先端技術を結集した大型精密装置で、 我々が使う「ニュースバル」は、約120mのレーストラック型ですが、ミクロン以下の位置変化を計測できるモニターが設置されています。

[粒子ビームとビーム物理]
 高速で走る電子、イオンなどの荷電粒子集団が粒子ビームで、 これを相対論領域(ほぼ光速)まで加速し、保持する装置が粒子加速器です。電子シンクロトロンは粒子加速器の一種です。歴史的には、原子核・素粒子研究の実験装置として発展しましたが、 現在では荷電粒子ビームの複雑な振舞いの研究が独立して、「ビーム物理学」という研究分野となっています。  ビーム物理学では、理論・シミュレーション研究だけでなく実際の加速器を用いた計測も必要になります。 また、加速器を構成する要素技術の開発も重要な研究テーマです。

[放射光とは]
 相対論領域の電子ビームが作り出す誘導電磁波は、光やX線になり、これを放射光と呼びます。電子集団の長さを 1mm に圧縮すると、テラヘルツ周波数領域で強度が数桁強くなります。この現象をコヒーレント放射と呼び、重要な研究テーマのひとつです。