学部・研究科案内

教員詳細

八重 真治 [やえ しんじ]
教授|大阪大学博士(工学)
メールアドレス yae@eng.u-hyogo.ac.jp
菊池 丈幸

研究テーマ:電気化学と表面工学を基盤とする機能性物質創成とエネルギー変換

 水溶液から金属薄膜を形成する「めっき」は、古くから利用されている技術ですが、ULSIの微細配線や宇宙・航空部品に使われるなど、常に先端技術として進歩しています。私たちは、溶液に浸すだけで金属膜を形成できる「無電解めっき」と太陽電池やLSIに使われる半導体である「シリコン」、そして新エネルギーとして注目されるとともに金属中で様々な変化を引き起こすことが知られている「水素」に着目して研究を展開しています。
1.無電解めっきによるシリコン上への高信頼性金属薄膜形成
2.金属援用エッチングによる多孔質シリコン形成とその太陽電池への応用
3.無電解置換析出を利用した都市鉱山からの貴金属回収
4.めっき膜へ共析する水素の挙動とその金属組織への影響
 めっき法を使うと、シリコン上に貴金属のナノ粒子(大きさ1万分の1mm以下)を簡単に形成できます。それを触媒にして、均一なめっき膜を形成したり、シリコンをエッチングしたりすることが可能です。表面積の大きなシリコン微粒子を用いると、希薄な溶液から貴金属を効率よく回収できます。また、めっき法で水溶液から金属膜を形成すると、同時に生成した水素原子がめっき膜に含まれることで金属結晶を変化させたり脆化させたりします。めっき、エッチング、組織変化のメカニズム解明とともに応用展開を目的に研究を進めております。

  • 金属援用エッチングで無反射化した太陽電池シリコン

    金属援用エッチングで無反射化した太陽電池シリコン

  • 都市鉱山からの貴金属回収と得られた金粉末

    都市鉱山からの貴金属回収と得られた金粉末