学部・研究科案内

教員詳細

山本 真一郎 [やまもと しんいちろう]
准教授|工学博士
メールアドレス yamamoto@eng.u-hyogo.ac.jp
山本 真一郎

研究テーマ:電波吸収体・電磁遮へい材の設計・開発に関する研究

 近年、スマートフォンや無線LANに代表されるように電磁波を利用した情報通信技術は急速な発展を遂げており、我々の生活空間において必要不可欠なものとなっている。新しい形態の通信技術が導入されると、そこに新たな電磁環境問題が発生する可能性がある。一例をあげると、本来の使用を目的としない不要電磁波の発生により通信機器間での電磁波干渉を招いてしまう。このような不具合を無くすためには、機器同士が不要電磁波の影響を受けないように、あるいは機器自体が不要電磁波を放射しないように電波環境を整備する技術(EMC: Electromagnetic Compatibility)が必須となっている。その対策の一つとして電波吸収体・電磁遮へい材が種々の箇所において使用されている。
 本研究では、マイクロ波からミリ波に渡る広帯域での電波吸収体・電磁遮へい材の設計・開発を行っている。主には、
1) 金属線周期配列材を用いた広帯域電波吸収体、周波数選択性電磁遮へいの設計・評価
2) 複素反射・透過係数測定装置の開発、各種材料定数測定
3) 反射・透過電磁波制御材の開発
等を行っている。

  • 反射・透過電磁波制御材の一例

    反射・透過電磁波制御材の一例