学部・研究科案内

教員詳細

山名 一成 [やまな かずしげ]
教授|工学博士
メールアドレス yamana@eng.u-hyogo.ac.jp
山名 一成

研究テーマ:人工核酸を利用した遺伝子診断技術の開発とセンサーデバイスへの応用

 電気化学法に基づくバイオセンシングは、光学装置を利用した分析法と比較し、必要とされる検出装置自体が非常に安価であり、また小型化を容易に行うことができるという利点がある。また、超高感度分析システムを確立することで、遺伝子増幅を必要とせずに(PCRフリー)遺伝子検出を行うことができるようになる。これにより、医療の現場で要請の高いベッドサイドでの迅速な遺伝子診断、病気の事前診断や疾患関連遺伝子の探索が可能となるため、感染症・がん治療を含む様々な分野での個別化医療の実現に大きく寄与できると期待されている。我々の研究グループでは、核酸(DNA, RNA)が有する特定分子(タンパク質や核酸オリゴマー)やイオンを認識する機能に着目し、酸化還元応答を示す人工核酸と組み合わせることで、革新的な電気化学センサーの開発を行っている。

研究テーマ 
(1) 新規レドックスプローブ修飾核酸の設計と機能評価
(2) アプタマー修飾電極を用いた電気化学センサーの開発
(3) ナノ加工電極を用いた超高感度バイオセンサーの開発
(4) DNA修飾電極デバイスの作製と導電性評価