学部・研究科案内

研究科長メッセージ

明日を特徴づける新技術を創出し、世界に発信する。
そのような研究者・技術者を育成します。

 現在、新しい技術が開発され、その成果が世の中に使われ、そして廃れるスピードはとても速くなっています。例えば、20年前、多くの中学生、高校生はポケベルを持って友達と交信しており、社会問題にさえなっていました。今、スマートフォンは持っていてもポケベルを持っている中・高生はいないでしょう。第一、ポケベルが使えるシステムが殆ど無くなっているのです。それでは、20年後、もしかしたらスマートフォンを使う人は誰もおらず、そもそもこのシステムはもはや存在していないのかもしれません。それほどに科学技術の進歩が速く、世の中がめまぐるしく変化するのが現代の特徴です。
 今日の時代を特徴づけている技術は、これまでの科学技術が集積したものです。明日はどんな技術が開発され、どのように世の中を変えるのか。誰も正確に予想できませんが、その技術は今日の技術を基礎にして発展したものであることは確かです。新しい技術を開発し、10年後、20年後の未来を特徴づける技術に発展させることは、今大学院に進学しようとしている諸君が先頭に立ってやることなのです。工学研究科ではこのようなことを基本に考え、十分な基礎力を備え、かつ優れた創造力を発揮できる研究者・技術者を育成しています。本研究科教員は世界的な最先端研究者であり、教育面でも研究指導面でも、諸君へのサポートを惜しみません。近年工学研究科では、博士前期課程(修士課程)の学生による国際会議での発表が多くなっています。大学院時代に国際性を身につけることは、将来非常に役に立ちます。皆さんも工学研究科で一緒に研究開発に取り組み、世界に自分を発信してみませんか。

工学研究科長/工学部長
川月 喜弘