学部・研究科案内

電力電子工学研究グループ

専攻 電気物性工学専攻
参加者 氏名 職名 専門分野
三木 一司 教授 結晶工学,電気電子材料工学
多田 和也 准教授 電気電子材料工学
     
     
     
教育・研究の概要

 電磁気学演習、制御システム、電気物性工学特別実験、環境安全工学、電気系材料工学、電気工学知識探求型実験、機能デバイス特論、電気物性工学特別演習などの基礎的な教育を行っています。 無機系・有機系半導体のプロセス手法を新たに開拓する事により、半導体デバイスの各種界面を制御し、エネルギーの高効率化に資する電気電子材料の研究を行っています。

主な研究テーマ(1) タイトル

パワーエレクトロニクスのデバイス要素技術に関する研究

説明

パワーエレクトロニクス用新材料のプロセス、特にドーピング技術及び評価の研究を行っていきます。

主な研究テーマ(2) タイトル

新ドーピング技術開拓と省エネルギーデバイスに関する研究

説明

 シリコン系分子線エピタキシー結晶成長法を基軸として、重元素ドーピング、評価、及びその応用の研究を行っています。現在、シリコン系のIV族半導体では燐、砒素、硼素の3つの軽元素のみがドーパントとして使われています。本研究では、重元素を新たなドーパントとして開拓し、量子情報デバイスの量子ビット、スピントロニクスデバイスのスピン源など局所電子状態の機能化を実証し、省エネルギーデバイスの実現に資することを目指しています。

主な研究テーマ(3) タイトル

有機半導体材料における電界発光, 光起電力効果とキャリア輸送

説明

 炭素同士の2重結合を多く持つ有機分子は,少々電子を取り除いたり動かしたりしても分子の骨格が壊れてしまわないため,半導体としての利用が可能となる。このような有機半導体材料に関する研究を行っている。

応用分野

・パワーエレクトロニクス素子への応用
・シリコン半導体の次世代デバイスへの応用
・導電性高分子や機能性色素のデバイス応用

技術相談、共同研究等の可能な分野

[三木]
シリコン分子線エピタキシーによる結晶成長
[多田]
電子光機能有機材料