学部・研究科案内

応用物理化学研究グループ

専攻 応用化学専攻
参加者 氏名 職名 専門分野
松尾吉晃 教授 無機工業化学、炭素材料化学、フッ素化学
稲本純一 助教 電気化学、無機化学
     
     
     
教育・研究の概要

 炭素材料を中心として、構造制御された新規層状化合物を合成し、それらを物理化学的手法を用いて解析するとともにエネルギーデバイス等へ応用することを試みている。また、このような研究を通じて、物理化学的な視点を基礎として、材料の合成、解析、応用をはかってゆくことの出来る人材を育成する。

主な研究テーマ(1) タイトル

柔軟な細孔を持つ炭素系多孔質材料「ピラー化炭素」の合成と応用

説明

 黒鉛中の隣接した炭素層をシリコン、酸素等からなる多数の柔軟な柱で接続した構造を持つ「ピラー化炭素」中には、1nm以下の相互につながった細孔が生じる。ピラーの長さや太さ、ピラーの間隔等を制御することによって、水素などのエネルギー関連ガスやイオンの貯蔵材料に、また、薄膜化することによってガスセンサに利用している。

主な研究テーマ(2) タイトル

熱分解酸化黒鉛の革新型蓄電池の電極材料への応用

説明

 黒鉛を強力に酸化することによって得られる酸化黒鉛を出発物質とすることにより、炭素六角網面サイズ、面間距離、欠陥構造等の制御された新規炭素材料を合成し、次世代の革新型蓄電池の電極材料への応用をはかっている。

主な研究テーマ(3) タイトル

リチウムイオン電池用電極材料の表面状態解析

説明

 リチウムイオン電池の長寿命化のためには、電極材料の劣化要因の解明が必要不可欠である。特に電極活物質表面での劣化は電極の容量低下や出入力密度の低下をもたらすため、表面劣化機構の解明が急務である。これを明らかにするために、薄く緻密な活物質のみで構成される薄膜電極などを用い、電気化学的表面分析と分光学的表面分析を併せた表面解析を行っている。

応用分野

水素吸蔵材料・ガスセンサ・リチウムおよびナトリウムイオン電池・電気二重層キャパシタ、吸着材料

技術相談、共同研究等の可能な分野

[炭素およびその他層状化合物]
炭素材料を中心とした層状化合物の構造解析、化学修飾、吸着特性およびエネルギー貯蔵材料、ガスセンサへの応用など
[フッ素化学]
含フッ素無機材料の合成、構造解析、エネルギー貯蔵材料等への応用など