学部・研究科案内

無機材料化学研究グループ

専攻 応用化学専攻
参加者 氏名 職名 専門分野
矢澤 哲夫 教授 無機材料化学
嶺重 温 准教授 エネルギー材料化学
     
     
     
教育・研究の概要

 「人類や地球環境にとって役に立つ無機材料」を研究しています。中でも環境浄化材料や環境配慮型エネルギー変換材料、高機能化のための表面修飾技術に関する研究に力を入れています。さらにこれらの材料や技術を利用した環境浄化・資源回収装置、高性能燃料電池や蓄電池、超伝導デバイスを開発することに取り組んでいます。

主な研究テーマ(1) タイトル

光触媒および透明導電性多孔質ガラスの開発

説明

 ナノサイズの微小孔を有するガラス:多孔質ガラスを用いるといろいろな分野へ応用ができます。例えば光触媒と多孔質ガラスを含む複合材料とすれば、透明性と比表面積の高いガラス中に三次元積層された光触媒が働き、効率的に、迅速に光触媒反応を起こすことが可能になります。

主な研究テーマ(2) タイトル

バイオイメージングを目指した高輝度蛍光ガラスの開発

説明

 蛍光を持つガラス材料はディスプレーをはじめ広い分野での応用が考えられます。最近では、抗癌剤のマーカーとして、バイオイメージングを目指した蛍光材料の開発が注目を集めています。当研究グループではガラスを結晶化するプロセスを組み合わせ、通常の合成法では得られない、アップコンバージョン特性を有する高輝度蛍光ガラスの開発を行っています。

主な研究テーマ(3) タイトル

新規燃料電池・蓄電池材料の開発

説明

 昨今のエネルギー、資源、環境問題を背景に燃料電池、蓄電池の開発、高効率化が強く望まれています。当研究グループではこれらのデバイスにおいて活用できる種々のイオン導電性セラミックスの研究を行っています。それによりデバイスの高効率化、耐久性向上を目指した取り組みを行っています。

応用分野

・環境浄化ガラス、光電気化学デバイス
・環境低負荷ガラス
・家庭用・車載用燃料電池、畜電池
・超高感度センサ、超伝導材料
・バイオ燃料の有効利用
・資源回収・リサイクル

技術相談、共同研究等の可能な分野

[矢澤]
非晶質材料、有機無機ナノハイブリッド体
[嶺重]
燃料電池・蓄電池性能、イオン・電子伝導性計測