学部・研究科案内

熱エネルギー研究グループ

専攻 化学工学専攻
参加者 氏名 職名 専門分野
朝熊 裕介 准教授 化学工学 伝熱工学 マイクロ波工学
     
     
     
     
教育・研究の概要

 最近、マイクロ波技術は新たな分野でが注目され、産業技術への応用が期待されている。マイクロ波照射炉内部に様々な観察手法を取り付けた世界的にも珍しい実験装置を利用し、各種移動現象(ナノ粒子の挙動、物質熱移動、反応現象、相変化他)における特異解明を試みる。さらに、これらの結果からマイクロ波の最適な利用法の提案を行う。
 また、民間企業との共同研究で応用的研究を、国内外の大学との連携を図りながら革新的な研究を進めている。

主な研究テーマ(1) タイトル

マイクロ波照射中の特異挙動の観察およびその利用法の提案

説明

 マイクロ波照射中の各種移動現象を観察し、特異現象の発見やその発現理由を解明している。特に、気液界面や液液界面を含むプロセスに関して、そのマイクロ波照射の影響を観察し、その熱物性値の算出からプロセスへの適用を検討している。

主な研究テーマ(2) タイトル

マイクロ波を利用したナノ粒子およびナノバブル作製技術の構築

説明

 マイクロ波照射中において、ナノレベルの現象を観察している。特に、ナノ粒子の生成過程の情報から、マイクロ波利用における最適操作条件の探索を行っている。例えば、照射時間や照射出力の外部因子や濃度、温度等の作成条件の関連を明らかにしている。また、単分散かつ目的の径のナノバブル生成法の探索を行っている。

主な研究テーマ(3) タイトル

充填層および多孔質材の熱伝導に関する研究

説明

 充填層や多孔質材を含む化学プロセスにおいて、熱移動を中心に、その最適設計および制御因子の探索を行っている。

応用分野

・化学プロセスにおける熱利用技術
・熱管理および省エネルギー技術
・マイクロ波を利用したナノ粒子作製技術

技術相談、共同研究等の可能な分野

[化学プロセスにおけるマイクロ波利用技術]
[マイクロ波照射炉内のその場観察技術]
[充填層や断熱材の各熱効率に関する技術]