学部・研究科案内

ダイナミック構造解析研究グループ

専攻 ナノ・マイクロ構造科学研究センター
参加者 氏名 職名 専門分野
川月喜弘 教授 機能性高分子
山崎徹 教授 ナノ結晶合金、アモルファス
足立大樹 准教授 ナノ組織制御
三浦永理 准教授 生体材料
     
教育・研究の概要

 教育面では、X線を用いた構造解析等の講義を行っています。研究面では、強ひずみ加工法や電解析出法を用いてナノ結晶材料やナノ結晶/アモルファス二相合金の創製を行い、その微細組織と機械的性質の相関を研究しています。

主な研究テーマ(1) タイトル

ナノ構造組織を有した構造用金属材料の塑性変形機構解明

説明

 ナノ結晶材料は従来粒径材にはみられない数々の特異な機械的性質を示すことが報告されている。このことはナノ結晶材料の変形機構が従来粒径材とは異なっていることを示唆しているが、その詳細は依然として明らかではない。本研究グループでは、特にSPring-8放射光を用いたIn-situ XRD実験により変形中の動的構造解析を行うことにより変形機構を明らかにすることを試みている。

主な研究テーマ(2) タイトル

ナノ結晶/アモルファス二相合金の作製と、その機械的性質

説明

 ナノ結晶単相材やアモルファス単相材は非常に高い強度を示すが、ほとんど塑性伸びを示さない脆性材料である。しかしながら、ナノ結晶/アモルファス二相組織にすることで高い延性が発現する。本研究グループでは、電解析出法や強ひずみ加工法によりナノ結晶/アモルファス二相合金を創製し、その組織を制御することでその機械的性質を最適化することを試みている。

主な研究テーマ(3) タイトル

アルミニウム合金中に形成されるナノクラスターの構造解析

説明

 析出強化型アルミニウム合金は低温時効することでクラスターが形成し、それに続く高温時効時における析出挙動に強い影響を与えることが知られている。本研究グループでは、時効条件や合金組成の変化によるクラスターの変化について、小角散乱測定や軟X線XAFSを用いて調べている。

応用分野

高強度高延性構造材料

技術相談、共同研究等の可能な分野

[足立]
構造用金属材料のミクロ組織制御による機械的性質の最適化