学部・研究科案内

材料強度学研究グループ

専攻 材料・放射光工学
参加者 氏名 職名 専門分野
鳥塚 史郎 教授 材料強度学,材料組織学、塑性加工
土田 紀之 准教授 材料工学,鉄鋼材料強度学
     
     
     
教育・研究の概要

 鉄鋼材料を中心とした構造材料の開発とその機械的性質に関する研究を行っている. 鉄鋼材料の機械的性質や力学特性は,加工熱処理条件や,組織変化,応力状態等により様々に変化するため,引張,圧縮,曲げ,疲労,衝撃などの試験を行い,実験結果を正しく評価することが大切である.組織や転位挙動などの材料科学の基礎知識を十分に活用し,新材料の創製とその特性解明を目指した研究・教育を行っている.

主な研究テーマ(1) タイトル

超微細粒金属材料の開発と応用

説明

 金属結晶組織のミクロンレベルからナノレベルに至る微細化研究を行っている。同時にその魅力的な力学的性質について研究も行っている。この超微細粒金属は、熱処理がなくても高強度であり、ねじのようなマイクロ部品では、その実用化が始まっておる。今後の日本の部材産業を変革する素材となるものであり、基礎から応用まで研究を行っている。

主な研究テーマ(2) タイトル

社会を支える安全・安心高強度材料の開発

説明

 社会の安心・安全を支えるのは、鉄を中心とした構造材料であり、その地位は不変である。また、自動車や航空機のような輸送機器においても、高信頼性高強度材料は、燃費の軽減と安全の両立を可能にする。しかしながら、強度を上げれば延性や靱性が低下する。これが一般の金属材料であるが、その限界をブレークスルーすべく、社会基盤材料、自動車用材料や航空機エンジンをターゲットに研究を進めている。

主な研究テーマ(3) タイトル

オーステナイト系ステンレス鋼の機械的特性向上と省資源化

説明

 「オーステナイト系ステンレス鋼」は,現在様々な用途として広く用いられている.その適用範囲の拡大や長寿命化のためには,さらなる機械的特性の向上が必要である.ステンレス鋼に含まれているレアメタル低減も視野に入れ,種々の従来鋼や省資源化された材料を用いて,様々な条件での引張試験を行い機械的特性変化を調査するとともに,放射線を利用した変形挙動解析に取り組んでいる.

応用分野

高強度鉄鋼材料,超微細粒金属材料,オーステナイト系ステンレス鋼,中性子線を利用した金属材料の変形挙動解析

技術相談、共同研究等の可能な分野

[鳥塚]
超微細粒組織線材の製造および部品・部材への活用、高強度鋼開発
[土田]
鉄鋼材料の機械的特性評価,オーステナイト系ステンレス鋼とその機械的特性について