学部・研究科案内

理念・教育目標(工学部)

育成すべき人材像

 本学部は、「ものづくり」に主眼を置いた教育・研究を通して、真に人類の利益と安全に貢献できる有能な人材の育成を図るとともに、先導的、創造的研究に基づく工学知の発信基地として我が国と兵庫県の文化の向上と産業の発展に寄与します。
 高い倫理観の涵養と異文化理解の深化、グローバルコミュニケーション能力の向上を目指した教育に加えて、徹底した工学専門基礎教育の上に高度な専門教育と研究指導を行い、国際的に通用する資質と能力を兼ね備えた専門技術者・研究者を育成します。

学びのポイント

01

地球人教育
工学基礎・専門科目の習得はもとより地球的規模で活躍できる人材の育成を目指します。

02

パイロットゼミ
きめ細かな学習指導や生活相談等を目的に全教員が1年生を数名ずつ担任する正課外教育制度があります。

03

兵庫のものづくり
本学が公立大学法人である特徴を生かし、地域と連携した教育活動を全県的規模で展開しています。

教育目標

本学部は、複雑化・多様化する社会環境やめまぐるしく進展する技術革新に柔軟に対応するべく、社会の先導的な役割を担い得る人材の育成を目指し、高い倫理観の涵養と異文化理解の深化を図るとともに、国際的に通用する資質と能力を兼ね備えた専門技術者・研究者を育成することを教育目標とし、次のとおり電気電子情報工学科、機械・材料工学科、応用化学工学科ごとに特色ある教育を推進する。

  • 電気電子情報工学科においては、柔軟で多様性ある教育体系により、自然科学とそれに基づく電気系工学の基礎知識・おもしろさを理解し、自主的に物事を考え解決する能力、実践的に使える能力、探究心、創造性、加えて教養と人間性を備え、各人の専門知識や研究能力を活かし、国際社会に貢献できる人材を育成する。
  • 機械・材料工学科においては、既存の機械工学の枠を超え、他分野の専門技術と融合しながら次世代のニーズに柔軟に対応できる技術者・研究者の育成を目指し、幅広い工学基礎科目の修得と実験・実習を充実させたモノづくり教育を行い、人に優しく自然と調和できる豊かな感性と柔軟な思考力を持つ人材を育成する。
  • 応用化学工学科においては、物質創製及びその応用分野における創造性・独創性・国際性豊かな未来を担う物質科学及び工学に関する技術者・研究者の養成を目指し、専門技術者として、化学及びマテリアルに関する広範な内容を系統的に理解し、総合的で柔軟な思考力を養う人材を育成する。

アドミッションポリシー

工学部の理念および教育目標に賛同し、それらに向かって努力する意欲のある学生を求める。このため、工学部では以下の資質や可能性を有する学生の入学を希望する。

  • 目標に向かって努力する向上心と積極性を有する人
  • 工学や科学技術を身近に感じ「ものづくり」に興味を有する人
  • 数学および理科(物理および化学)に関して工学教育を修得するに十分な学力を有するとともに、外国語、国語、社会などに関しても基礎的学力を有する人
  • 工学科目に関心を持ち、工学科目の修得に意欲のある人
  • 国内外の諸課題に関心があり、課題を解決する行動力と思考力を有する人

ディプロマ・ポリシー

 工学部の教育理念および教育目標に基づく教育を行い、下記の能力を身に付けた学生に学士の学位を授与する。

  • 高い倫理観と異文化理解力を有している。
  • グローバルコミュニケーション能力について、基礎的能力を有するとともに能力を継続的に向上させる意欲を有している。
  • 工学専門基礎知識および各分野の高度な工学専門知識を身に付けている。
  • 工学専門知識を継続的に身に付ける意欲を有している。
  • 工学専門知識を応用して技術課題を解決でき、また研究開発を遂行できる能力を有している。
  • 国際的に通用する資質と能力を有している。
  • 技術課題の解決、研究開発において、高い倫理観と異文化理解の継続が重要であることを認識している。

 以上に加えて、各コースごとに以下の能力を身に付けていることを必要とする。

カリキュラム・ポリシー

 工学部の教育理念および教育目標に基づき、以下の教育を展開し教育理念・教育目標の達成を目指す。

  • 全学共通教育および工学倫理教育などにより、高い倫理観と異文化理解力を身に付させるとともに、これらの継続が重要であることを認識させる。
  • 全学共通教育のグローバルコミュニケーション科目および各学科の技術英語教育により、グローバルコミュニケーション能力について基礎的能力を身に付させるとともに継続的な向上が重要であることを認識させる。
  • 各学科の専門基礎科目により、工学専門基礎知識を身に付させる。
  • 各学科の専門教育科目により、高度な工学専門知識を身に付けさせる。
  • 各学科の専門基礎科目および専門教育科目により、工学専門知識の継続的な習得が重要であることを認識させる。
  • 各学科の実験・実習・演習科目および卒業研究により、工学専門知識を応用し技術課題を解決でき、研究開発を遂行できる能力を身に付させる。

以上に加えて、各コースごとに以下の能力を身に付けていることを必要とする。

カリキュラム・マップ