最新情報

お知らせ

電気物性工学専攻の小野田光宣教授が電気学会フェローの称号を受賞

電気物性工学専攻の小野田光宣教授が電気学会からフェローの称号を受賞しました。
詳細は次の通りです。

「有機分子素子工学の構築と有機イオントロニクスの展開」に対する功績

高度映像情報化社会を取り巻く環境はますます複雑となり多種多様化し, インターネットを中心とした情報化技術の著しい進展に伴って, 次世代エレクトロニクス技術の構築が極めて重要であることが指摘されている。受賞者は比較的早くからこのことを看破し, 共役系が発達したπ電子が主役を演ずる導電性高分子を中心とした評価技術や製膜技術などについて基礎科学的な観点から検討してきた。さらに, これら一連の研究過程で新しい現象や効果を見出し, それらを生かした独創的な各種の新素子, デバイスを提案し, 実証するなど, “有機分子素子工学”と名付けた新規な学問領域を構築し, 産業界での開拓や実用化, 発展に大きく貢献した。さらに, 電子とイオン両方の流れを含んだ現象や素子応用を扱った導電性子分子の電気化学的挙動がもたらすバイオ回路, 分子通信のような次世代エレクトロニクス素子を提案し,“有機イオントロニクス”と名付けた学問領域についても新たに展開している。取り扱っている“有機分子素子工学”は非常に急速に進展している分野であり, 国内外を問わず常に情報の収集が不可欠である。受賞者は, 電気学会, 電子情報通信学会, 応用物理学会などの有機分子やバイオエレクトロニクスの関連分野の各種委員会委員として貢献してきた。さらに関連する国際会議の主催, 企画, 運営などを手掛け, インドを中心とした国際交流をはじめ, 若手研者の育成に尽力するとともに“有機分子素子工学”や“有機イオントロニクス”などの新奇な学問分野を念頭に置いた有機分子エレクトロニクス研究の紹介, 進展や展開などを先導してきた。
このような「有機分子素子工学の構築と有機イオントロニクスの展開」に対する功績から, 電気学会の平成27年度フェロー称号贈呈が平成28年3月4日開催の理事会で決まり, 平成28年5月27日に開催された総会で承認された。

  • 姫路工学キャンパス学舎立替え
  • 学科名称が変わりました 2015学科名称変更・大学院専攻再編
  • 先輩・教員からのメッセージ
  • 入試情報
  • 教育情報の公表
  • 兵庫県立大学
  • 姫路工学学術情報館
  • 姫路工業倶楽部(工学部同窓会)