最新情報

お知らせ

材料・放射光工学専攻足立大樹准教授が、九州工大、九州大学、産総研と行った共同研究の結果が日経テクノロジーonlineなどで紹介されました。

材料・放射光工学専攻足立大樹准教授が、九州工大、九州大学、産総研と行った共同研究の結果が日経テクノロジーonlineなどで紹介されました。 この研究は、レニウムにせん断ひずみを導入することによって、超伝導転移温度が本来の値の約2倍まで上昇することを明らかにしたものです。この成果は、超伝導という巨視的な量子現象が材料工学的な組織制御手法によって操作できることを示すものであり、超伝導転移温度上昇への新しい手法を開拓したものです。 本研究成果は、英国科学誌Natureの姉妹紙「Scientific Reports」に掲載されています。 http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/110404884/?rt=nocnt&d=1478830388818 http://univ-journal.jp/10442/ 

  • 姫路工学キャンパス学舎立替え
  • 学科名称が変わりました 2015学科名称変更・大学院専攻再編
  • 先輩・教員からのメッセージ
  • 入試情報
  • 教育情報の公表
  • 兵庫県立大学
  • 姫路工学学術情報館
  • 姫路工業倶楽部(工学部同窓会)