最新情報

お知らせ

電子情報電気工学科4回生山谷優太君らの論文が国際会議CANDAR-AFCA'17にてWorkshop Best Paper Awardを受賞

電子情報電気工学科4回生の山谷優太君らの論文が2017年11月19日~11月22日において行われた国際会議CANDAR-AFCA'17(5th International Workshop on Applications and Fundamentals of Cellular Automata)にてWorkshop Best Paper Awardを受賞しました。この会議は離散計算モデルであるセルオートマトンに関する応用ならびに基礎理論に関する国際会議です。受賞した論文題目は「On a Triangular Brownian Cellular Automaton with 4 States and 6 Rules」(共著者:礒川悌次郎(本学大学院電子情報工学専攻), Jia Lee(重慶大学・中国), Ferdinand Peper((独)情報通信研究機構,大阪大学,本学大学院電子情報工学専攻・連携客員部門))であり、三角構造を持つ非同期セルオートマトンにおける計算万能性を証明したものです。

Plate: AFCA17 Best paper award

  • 工学部案内をネット上でご覧になれます
  • 姫路工学キャンパス学舎立替え
  • 学科名称が変わりました 2015学科名称変更・大学院専攻再編
  • 先輩・教員からのメッセージ
  • 入試情報
  • 教育情報の公表
  • 兵庫県立大学
  • 姫路工学学術情報館
  • 姫路工業倶楽部(工学部同窓会)