学部・研究科案内

教員詳細

松本 直浩 [まつもと なおひろ]
准教授|博士(工学)
メールアドレス matsumoto@eng.u-hyogo.ac.jp
  • 教員詳細
  • 研究グループ
  • 研究センター
  • 個人Webサイト
松本 直浩

研究テーマ:炭素材料の摩擦応用と合成手法の検討

1.炭素粒子の構造制御と摩擦応用
炭素からできているグラファイトは古くから低摩擦な潤滑剤として機械のエネルギー効率を高めたり、寿命を延ばすことに利用されてきました。近年の材料分析技術の飛躍的な進歩のおかげで、炭素構造を原子のレベルで精密に制御することが可能になりました。これらの技術を駆使して、より低い摩擦を得るために最適な構造や形状の研究を行っています。また実際に社会で利用するための合成方法の研究を行っています。

2.複合材料の摩擦特性制御
繊維により強化された複合材料は、軽量でありながら優れた強度をもつため航空機や自動車など輸送機械の構造材料として広く社会で利用されています。このように優れた特徴をもつ複合材料を摩擦が問題となる駆動部材として利用できれば、さらに大きな軽量化効果が得られ環境負荷の低減に貢献できます。低摩擦な炭素粒子をフィラーとして添加することで、複合材料の摩擦をコントロールする研究を行っています。

  • 炭素粒子の構造制御による低摩擦材料の合成

    炭素粒子の構造制御による低摩擦材料の合成

  • 炭素粒子膜合成プロセスの開発

    炭素粒子膜合成プロセスの開発