最新情報

お知らせ

電子情報工学専攻の中嶋誠二准教授、藤澤浩訓教授、清水勝特任教授が中心となる研究グループがマルチフェロイック薄膜における大電圧発生のメカニズムを解明し、Scientific Reports誌にその成果が掲載されました


 本学電子情報工学専攻の中嶋誠二准教授、藤澤浩訓教授、清水勝特任教授、東京理科大学理学部樋口透准教授、高輝度光科学研究センター保井晃主幹研究員、木下豊彦主席研究員らの共同研究グループはマルチフェロイック材料であるBiFeO₃にMnを微量添加することで、バルク光起電力効果により発生する電圧が飛躍的に向上することを発見し、また発生電圧向上のメカニズムを大型放射光施設(SPring-8およびフォトンファクトリー)を利用した実験により解明しました。
 本研究成果は、2020年9月21日(イギリス標準時間午前10時)付で、英国Springer Natureが発行する科学誌「Scientific Reports」のオンライン版に掲載されました。

(掲載論文)
(プレスリリース)

  • 工学部案内をネット上でご覧になれます
  • 姫路工学キャンパス学舎立替え
  • 学科名称が変わりました 2015学科名称変更・大学院専攻再編
  • 先輩・教員からのメッセージ
  • 入試情報
  • 教育情報の公表
  • 兵庫県立大学
  • 姫路工学学術情報館
  • 姫路工業倶楽部(工学部同窓会)