最新情報

お知らせ

東京大学を中心とする研究グループは新星爆発で生まれる有機物の塵の合成に成功し,この有機物の同定に兵庫県立大学のニュースバルが利用されました


  東京大学,明星大学,北海道大学,電気通信大学,宇宙航空研究開発機構(JAXA),横浜国立大学,海洋研究開発機構,兵庫県立大学,日本大学,The University of British Columbiaなどの研究グループは, 新星が有機物の塵を生み出す過程を定性的に模擬して有機物の塵の室内合成実験を行い,新星に観測される赤外線スペクトルの特徴がアミンを含有する有機物の塵である急冷窒素含有炭素質物質(QNCC)によって再現されることを示しました。 このQNCCの同定に兵庫県立大学の中型放射光施設NewSUBARUが利用されました。この成果は,天文学分野の論文誌The Astrophysical Journalに発表されました。https://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/press/2021/7522/



  • 工学部案内をネット上でご覧になれます
  • 姫路工学キャンパス学舎立替え
  • 学科名称が変わりました 2015学科名称変更・大学院専攻再編
  • 先輩・教員からのメッセージ
  • 入試情報
  • 教育情報の公表
  • 兵庫県立大学
  • 姫路工学学術情報館
  • 姫路工業倶楽部(工学部同窓会)